★insurtech-seminar-banner_rev5_logo.jpg

本セミナーでは、金融庁の池田保険課長にお越しいただき、顧客本位の保険サービス実現に向けた金融庁の取り組みについてご講演いただきます。また、後半のトークセッションでは、池田保険課長をはじめ金融ビジネスに携わる官民のエキスパートが集まり、最新のインシュアテックの事例を交えながら「顧客本位の保険サービスを実現するInsurtech」についてディスカッションします。​

​タイムライン

  • オープニングセッション(5分)

    • 森・濱田松本法律事務所 パートナー 増島 雅和 氏

 

  • 対談セッション(30分):「顧客本位の保険サービス実現に向けた金融庁の取り組み」

    • 金融庁 監督局 保険課長 池田 賢志 氏

    • 株式会社Finatextホールディングス 代表取締役CEO 林 良太 氏

 

  • パネルディスカッション(40分):「顧客を主役にする Insurtech」

    • 金融庁 監督局 保険課長 池田 賢志 氏

    • 株式会社Finatext 保険事業責任者 河端 一寛 氏

    • デロイト トーマツ コンサルティング合同会社 執行役員 滝沢 明子 氏

    • 森・濱田松本法律事務所 パートナー 堀 天子 氏

​開催概要

  • 日 時:​2021年6月23日(水) 13:30~15:00

  • 会 場:​オンライン開催(Zoomウェビナー)

  • 参加費:無料

  • 主 催:森・濱田松本法律事務所

  • 運営協力:株式会社Finatext、​ジャフコ グループ株式会社

​登壇者紹介

金融庁

監督局 保険課長 池田 賢志 氏

平成8年 旧大蔵省(現財務省)へ入省。
金融庁監督局総務課健全性基準室長、総合政策局総務課国際室長を経て、令和2年7月より監督局保険課長。

株式会社Finatextホールディングス

代表取締役CEO 林 良太 氏

2008年東京大学経済学部卒業後、英ブリストル大学のComputer Scienceを経て、日本人初の現地新卒でDeutsche Bank Londonに入社。ロンドン、ヨーロッパ大陸全域にて機関投資家営業に従事した後、ヘッジファンドを経て2013年12月に株式会社Finatext(現・株式会社Finatextホールディングス)を創業。現在は持株会社であるFinatextホールディングスの傘下にフィンテックソリューションを開発・提供するFinatext、オルタナティブデータ解析のナウキャスト、証券プラットフォームのスマートプラス、次世代型デジタル保険のスマートプラスSSI等を擁し、「金融を“サービス”として再発明する」をミッションに、パートナー企業とともに金融におけるデジタルトランスフォーメーションを推進している。

株式会社Finatext

保険事業責任者 河端 一寛 氏

東京大学経済学部卒業。博報堂、ボストンコンサルティンググループ(BCG)を経て、Finatextに入社。博報堂では消費財・機械、小売等のマーケティング戦略立案・実行支援業務に従事し、BCGでは複数の新規事業・新サービス立ち上げ支援業務に従事。現在Finatextでは、保険事業の立ち上げ・推進をリードし、スマートプラス少額短期保険株式会社の取締役も務める。

デロイト トーマツ コンサルティング合同会社

執行役員 滝沢 明子 氏

金融業界に対して、主に事業戦略立案、マーケティング戦略立案、新規事業開発などの成長戦略分野のコンサルティングに従事。特に保険業界に対しては、経営統合、事業再編、組織改革、ブランディング、商品・チャネル設計、業務効率化など幅広い分野において、戦略から実行支援に至るまでの豊富な支援実績を有する。
近年ではスタートアップとの協業による保険周辺領域の新規事業・新サービス開発など、保険業界の将来像を見据えた成長戦略プロジェクトをリードしている。

森・濱田松本法律事務所

パートナー 増島 雅和 氏

2001年弁護士登録、2007年NY州弁護士登録。シリコンバレーでの実務経験と金融庁での金融監督経験を活かし、さまざまな分野のフィンテックスタートアップを支援するとともに、金融機関のデジタルトランスフォーメーションやオープンイノベーションの取組みを支援。金融のプラットフォームビジネス化、レイヤー化を初期に予言し、プラットフォーム型ビジネスに合致した規制デザインのあり方、データマネジメントのあり方につき先進的な提言を行っている。
規制改革推進会議投資等WG専門委員、デジタル市場競争会議WG委員、規制サンドボックス委員会委員等の政府委員を歴任、フィンテックを支援する専門家集団Finovators代表やブロックチェーン、クラウドファンディングの事業者団体のアドバイザー等も務めている。

森・濱田松本法律事務所

パートナー 堀 天子 氏

2002年弁護士登録。2008年金融庁総務企画局企画課調査室に出向、2009年金融庁総務企画局企画課信用制度参事官室(~2010年3月)、2014年金融審議会専門委員(決済業務等の高度化に関するスタディ・グループ、ワーキンググループ)(~2015年12月)、2015年一般社団法人Fintech協会理事、 2020年10月より同協会常務理事(現任)。金融庁出向時に資金決済法の立案や行政実務に携わった経験を生かし、決済事業者、電子マネー発行者、資金移動業者、暗号資産交換業者へのアドバイス及び金融検査対応に専門的に取り組み、金融機関や事業者のFintechサービスのローンチに向けたアドバイスを行うほか、スタートアップの支援、法改正・環境整備に向けた活動を行っている。