バナー.png

「Next Trend」シリーズでは、経営企画や新事業の創造に取り組む方々に向け、最前線で挑戦されている方々を交えながら、今後注目すべき領域や最新トレンドについて分かりやすく整理し発信して参ります。

 

第一回は、私たちの生活に必要不可欠な「食」の進化であり、2025年までに700兆円の市場規模に達する(※)とも言われる「フードテック」領域を取り上げます。ご登壇者には、藻の一種であるユーグレナを主に活用し、栄養豊富な食糧の大量生産やバイオ燃料の研究に取り組んできた株式会社ユーグレナの創業メンバーで研究・開発責任者の鈴木氏をお招きし、食の領域での事業展開の軌跡や、現在のフードテックの盛り上がりをどのように捉えているかなどをお伺いして参ります。

※株式会社シグマクシス 田中宏隆、岡田亜希子、瀬川明秀 著『フードテック革命 世界700兆円の新産業「食」の進化と再定義』より引用。米国のフードテックイベント「スマートキッチン・サミット2017」で、創設者のマイケル・ウルフ氏が発表した内容。

タイムライン
  • 食品だけではない 拡がるフードテック市場の鳥観図(JAFCO山本)

  • 日本発「食」のイノベーション企業 ユーグレナ社 事業展開の軌跡(トークセッション形式)

  • Q&A​​

​※タイムラインは変更となる場合がございます

こんな方におすすめ​​

  • 大企業で新規事業を模索している方

  • フードテック領域への異分野からの参入余地について知りたい方

  • ユーグレナ社の成長の軌跡にご関心のある方​

開催概要

​登壇者紹介

株式会社ユーグレナ

執行役員 研究開発担当 ​鈴木健吾 氏
東京大学農学部生物システム工学専修卒、2005 年 8 月株式会社ユーグレナ創業、取締役研究開発部長就任。同年 12 月に、世界でも初となる微細藻類ユーグレナ(和名:ミドリムシ)の食用屋外大量培養に成功。 2016 年東京大学大学院 農学博士学位取得。微細藻類ユーグレナの利活用およびその他藻類に関する研究に携わるかたわら、ユーグレナ由来のバイオ燃料製造開発に向けた研究に挑む。東京都ベンチャー技術大賞受賞(2010 年)、共著に『微細藻類の大量生産・事業化に向けた培養技術』(株式会社情報機構)がある。

ジャフコ グループ株式会社 

ビジネスディベロップメント部  山本惇志(モデレーター)

新卒で株式会社ジャフコ(現 ジャフコ グループ株式会社)に入社。九州支社に在籍し同地域スタートアップへの投資業務を経験。現在はビジネスディベロップメント部にて、投資先支援及び、大企業とスタートアップの協業支援に従事。

▼ご注意点▼
※競合製品をお取り扱いされている企業様はご参加をお断りする場合がございます。
※その他、主催者の判断で参加に相応しくない方は、参加をお断りする場合がございますので何卒ご了承ください。
※セミナーへお申し込みいただいた方へは、後日参加方法を記載したメールをお送り致しますので、1社から複数名様ご参加頂く場合でも1名様ずつお申込みください。
※お問い合わせは、セミナー事務局(seminar@jafco.co.jp)までお願い致します。
※今回ご登録頂いた皆様の個人情報につきましては、以下の目的に使用させて頂きますことを予めご了承ください。
 1.当セミナーに関するご連絡
 2.今後、弊社が主催する各種イベントや営業・サービスに関するご案内
 また、ご記入頂いた個人情報は講演者所属企業と共同利用いたします。
・共同利用する項目:氏名、貴社名、部署名、役職名、連絡先(電話番号、電子メールアドレス)、その他当フォームでご回答頂いた内容
・利用目的:上記2. の利用目的に同じ
・共同利用する者の範囲:株式会社ユーグレナ
※ジャフコ グループ株式会社は、個人情報保護に関し「プライバシーポリシー」を定め、利用目的をはじめとする具体的な取り扱いについて、法令、国が定める指針、その他規範を遵守し適正に対処してまいります。
※お客様情報の管理について責任を有する者:ジャフコ グループ株式会社 管理部(電話:050-3734-2025、電子メール:info@jafco.co.jp)